2009年3月12日木曜日

Apple:新型iPod Shuffle発表


いろいろあって数日更新がストップしてしまいました。
その間にアフリカもいろいろあって、ラウンドアップしなければならないのですが、これは追々追いついていくことにして、タイトルのとおり、Appleから新しいShuffleがやってきました。
でも、今回のアップデートははっきり言って個人的には全く魅力がないです。
もう、「ごめんなさいっ!」って感じですね。
まず、デザインがのっぺりしていて全く訴求性がありません。Shuffleの魅力は、シンプルで便利だけれどもしっかりした存在感があったことだと思うのです。もちろん純粋に技術の追求という意味からすれば、Shuffleは透明になってしまった方がいいのかもしれません。しかし、そのような透明なのっぺりして機能だけがあるもの・・・それは商品として、物体として魅力的でしょうか?Shuffleが今回投げかけているのはそういう問いだとも言えます。そういう意味で私は古い人間なのかもしれませんが、このShuffleには魅力を感じないのです。これだったら別に中国製のパッチもんでもiRiverでも他のどのMP3でもいっしょ。Appleでなければならない理由がまったくなくなってしまったと思います。
次に操作部分がイヤフォン側に移ったことで、通常のイヤフォンを使えなくなってしまった。また、操作性も落ちると思います。旧第2世代のShuffleは操作性、デザイン、イヤフォンのカスタマイズ性において非常に優れた製品でした、トレッドミルに乗って走りながらでも、簡単に操作できた。今回のは難しそうです。それにAppleのイヤフォンは好みが分かれるところで、私は個人的には好きではありません。そうした時にものすごくストレスのたまる仕様だと言えます。

1 件のコメント:

Mim さんのコメント...

はじめまして!

私は今回のアップデートに非常に魅力を感じてます。

これまで表示窓がなかったので、一つのプレイリストしか入れられなかったのですが、今回音声を使うことで、複数のプレイリストから聞きたいものの選択が可能になった点で、アップルらしい斬新さを感じます。

あと、他社のイヤフォンを使うためのアダプターが別売りされるみたいですよ。