2007年9月7日金曜日

iPod Touchの示唆するもの


iPodのラインアップが一新された。Shuffleは仕様に変化はないがカラーリングを変え、Nanoはビデオ機能を搭載、そしてiPod Classicは80G&160Gと大容量ポケットサーバとなり、iPhoneと共通するインターフェイスを持つiPod Touchが新たにラインに加わった。

注目すべきはやはりiPod Touchであろう。機能的に見ればiPhoneから電話機能を外したもの、となるのだがiPod側から見ると、従来のものとは比べ物にならないほどの進化を遂げていると言えるだろう。その中でも注目なのはWiFi機能。そしてSafariのフルブラウザを搭載しているところだろう。WiFi機能のついたミュージックプレイヤは今までにもあった。他ならぬMSのZuneがそうだ。でもZuneのWiFi機能はほとんど実用にはならず、ただ「ついている」にすぎない。iPodはWiFiがないからZuneに劣ると言われてきたわけだがTouchはそれに対する回答だろう。WiFiを搭載するにはここまでやってはじめて実用になるのだという。Touchは普通のプロトコルでWiFi接続するので家のWiFiにもつなぐことが出来るようだ。Bonjourに対応しているのかはわからないが、AppleはWiFi専用のiTunes Storeも立ち上げて、Touchから直接アクセスを可能としている。そしてTouchからMacへの楽曲の転送も可能とした。
こういったサービス展開やユーザビリティの向上があってはじめて、このタイプのデバイスにWiFiを搭載する価値が出る、というわけである。

しかし、Touchを使ったらきっとiPhoneが欲しくなる・・・のだと思う。
iPhoneとTouchの中身は外見ほどには似ていないのではないか?iPhoneはOSXが動いていると明言していたAppleだが、TouchはOSXだと言っていない。あるいはサードパーティのアプリケーションが動くとも言っていない。そういう意味ではTouchはiPhoneの縮小版なのでなくやはりiPodの流れを汲むデバイスなのだろう。でも表面的には酷似しているのでiPhoneの価格設定の見直しも行ったのだという気がする。

突飛な話かもしれないが、Touchを見てOLPCを何となくイメージしてしまった。OLPCは特殊なWiFi機能を備えている。それはOLPCそのものがWiFiのホットスポットとなり自動的にWiFiメッシュを生成するという機能。TouchのWiFiとBonjourが使えるのならこれと似たものが出来るのかもしれない。つまりTouchは新しいコミュニケーションの形を生み出す可能性を秘めていると思う。

1 件のコメント:

Kojiro さんのコメント...

i Touch にはBluetoothが内蔵されるのかねえ?
だとしたら買いなんだけど、まよっちゃうわ、どっちをかうか。